SIXPAD・シックスパッド…良いとこ悪いところ!

クリスティアーノ・ロナウドでお馴染みの【SIXPAD・シックスパッド】

こんにちは、最新の “ヘルスケア情報” “をお伝えする「Recommend Style」の横山です。

今回は、クリスティアーノ・ロナウドでお馴染み【SIXPAD・シックスパッド】を取り上げたいと思います。

【SIXPAD・シックスパッド】とは?

【SIXPAD・シックスパッド】は、筋肉トレーニングをすることができるEMSマシンです。

その仕組みは、EMSという電気刺激をパッドに送ることによって、その信号が筋肉へ伝わります。

伝わった信号が筋肉を直接動かすことにより、鍛えられる仕組みになっています。

SIXPADを鍛えたい部分に装着することによって、速筋でアプローチすることができます。

シックスパッドを付けた部分が鍛えられていくため、部分的に筋肉をつけることができるという仕組みです。

通常は筋肉トレーニングによって身体を鍛えて筋肉をつけていくのですが、シックスパッドであれば、ただつけるだけで鍛えていくことができるのです。

そして、シックスパッドはこれまでのEMSマシンとは違っています。

従来のEMSマシンは電気を流すため、パットを通じて皮膚に多少の刺激があり、人によっては痛みで不快な思いをするケースがありました。

しかし、シックスパッドはこのピリピリとした電気刺激をなくすことに成功したのです。

また、SIXPADはデザインがお洒落でカッコいいです。

厚さも薄くなっているし、コードレスな状態で使用することができるので、いつでも、どこでも、どんなときでも使うことができるはずです。

例えば、自宅でテレビを見ながらシックスパッドでお腹の筋肉を鍛えるということもできます。

例えば女性で、引き締まったウエストになりたいということであれば、家事をしている時間にシックスパッドをウエストに巻けば、いつの間にかの程よい感じの腹筋女子になれるのです。

苦労しなくてシックスパックを作ることだって、可能になったのです。

SIXPAD 動画集

【BODY REVOLUTION篇】


【SIXPAD×トライアル】


【クリスティアーノロナウド トレーニングについて】


【SIXPAD×バレーボーラ― 石川祐希選手】


【SIXPAD×ヨガ インストラクター Juri Edwards】


【1ヶ月体験の実録日記】

TRAINING GEAR【SIXPAD】EMSシリーズのバリエーション

【Abs Fit】電池式

シックスパッドは、鍛えたい部分に合わせてパッドを購入することが可能です。

お腹周辺に溜まってしまった脂肪が気になる方であれば、腹筋専用のSIXPADには、【Abs Fit(アブスフィット)】という製品があります。

ウエストや脚、腕を鍛えるには、Body Fit(ボディフィット)という製品を用います。

これらの製品は、筋肉を鍛えたい部位に適したパッドをつけて、シックスパッドのスイッチを押し、好みの強度に合わせて約23分間のプログラムが終わるまで、パッドをつけ続けるだけで、誰もが簡単に筋肉を部分的に鍛えることができるのです。

シックスパッドの使用方法は、電極部分にまずジェルシートを貼ります。


でも、このジェルシート、面倒だと思う人もいると思います。

しかし、EMSの効果を最大に発揮するなら絶対に必要なものになります。

SIXPADはシートになってるので簡単に装着ができますが、安物のEMSマシンだったら、いちいち自分でジェルを手に付けて塗る必要があるのです。

しかも、塗り終わったら手についたジェルをしっかり拭き取らないといけません。

これって、かなり面倒な作業になりますす。

その点シックスパッドはシート方式なので、とっても楽につけることが出来るようになっているのです。

ジェルシートをつけ終わったら、パッドをそのまま腹部につけます。


さて、いよいよスタートです。


15段階のレベル調整機能がついていますので、最初は弱めの強さに設定されるとよいでしょう。


トレーニング終了後はシックスパッドを台紙に戻してしまいす。


Abs Fit(アブスフィット)の特徴は、パッドについた6つのウイングが、腹筋にぺったりと吸着されますので、お腹の筋肉に直接EMSの刺激が伝わり、効率的に腹筋を鍛えることができるということです。

柔軟性のあるソフトシリコン製ですので、腹部の曲線にぴったりと合うように設計されています。

また、わずか3㎜程度の薄さですので、服を着たまま簡単にトレーニングを行うことも可能です。

SIXPAD電池式Abs Fit(アブスフィット)を使用するときは、必ず電気抵抗を低減化させるためにも、高電動ジェルシートを用いて使用してください。

電池代もあまりかかりませんので、毎日使用し続けても、そんなに負担にならないと思います。


【Abs Fit 2】充電式 アプリ対応

シックスパッドの腹筋を鍛えるパッドにはもう一種類あります。

電池式のもの以外にも、充電式タイプのものがあるんです。

こちらはSIXPAD【Abs Fit 2】です。

ボタン電池を交換する必要もありませんので、さらに使い勝手よく腹筋を鍛えることができます。

充電式なので、ボタン電池代を浮かせることができ、経済的です。

約5時間程度充電すれば、30回使用することができますので、一日一回使用するとすれば、約1か月間このまま使用することができます。

これならば、自宅以外にも、車の移動中やデスクワーク中、家事をしながらなど、自分の好きな時間にSIXPADで身体を鍛えることができるでしょう。

また、Abs Fit 2の良いところはBluetoothを搭載しているという点です。

ネットにつなげることができるIoT化されているので、専用アプリをダウンロードすれば、各部位のトレーニングの進み具合を、毎日データーとして残していくことができます。

スマホやタブレットなどで、ご自分のトレーニング状況を目で確認することができますので、トレーニングのモチベーションも継続し続けることができるというメリットがあります。

1人で行うトレーニングは、途中で飽きてしまったり、続けなくなってしまうこともあるかもしれません。

しかしアプリは楽しくトレーニングができるように作られていますので、SIXPADでご自分の目標を目指しながら続けることができるでしょう。

Abs Fit 2の基本的な使用方法はAbs Fit と同じです。

使用中はSIXPADのジェルシートを必ずつけて行うようにしましょう。


【Body Fit】電池式

SIXPAD【Body Fit】電池式は、ウエストや腕、足を鍛えることができるパッドです。

このパッドには、2つのウイングがついています。

それぞれの電極が鍛えたい部分にフィットしますので、ウエストや腕、脚に直接EMSが筋肉に刺激を与えて、鍛えることができます。

こちらも基本的な使用の仕方と同じで、まず電極部分にジェルシートを貼ります。

身体にシックスパッドを装着後、15段階のレベル調整機能で調整しましょう。

初めて使用する場合は弱めに設定されるとよいです。

SIXPADの電気的刺激に慣れてきたら、強さレベルを少しずつ上げていきましょう。

こちらも、トレーニング終了後は台紙に戻しておきます。

使用頻度は、毎日使えますが、鍛えたい場所は1日1回を限度にして行うのが原則です。

同じ部分だけ繰り返しSIXPADを使用し続けると、筋肉疲労が起きてしまうため注意してください。

Body Fitもソフトシリコンを使用していますので、肌に優しくフィットします。

薄さが3㎜ですので、こちらもSIXPADをつけてから服を着れば、外から見える心配もありませんので、自分の好きな時間に、気になるウエストや腕、脚の筋肉を鍛えることができます。

使用時は、必ず専用のジェルシートを使用しましょう。

パッドは1個だけだと、腕や脚、ウエストをすべて鍛えるのは時間がかかってしまうかもしれません。

そこで、効率よく複数個所を鍛えるためには、いくつかあった方が、効率的に鍛えることができます。

シックスパッドが二つ以上あれば、最初は両腕を行い、両腕が終わってから、両足を行うことができます。

さらにシックスパッドが三つあれば、さらにウエストも同時に鍛えることができますので、予算に合わせていくつか組み合わせるとよいでしょう。


【Body Fit 2】充電式 アプリ対応

SIXPAD【Body Fit 2】は、基本的にはBody Fitと変わりがありませんが、充電して使用することができる製品です。

シックスパッドBody Fitの場合は、ボタン電池を使用しなければなりません。

しかしBody Fit 2なら、ボタン電池交換が不要ですので、電池交換のわずらわしさを感じることはありません。

約5時間充電すれば、30回使用し続けることができますので、とても経済的に筋肉を鍛えることができます。

充電式タイプはBluetoothを搭載しており、インターネットとつなげて情報を共有することができるIoT型です。

アプリ連動型ですので、スマートフォンやタブレットなどで、毎日のトレーニングを記憶化することが可能です。

目標を持って、毎日トレーニングを続けていくことができますので、楽しみながらシックスパッドで筋肉を鍛えることができるでしょう。

SIXPAD Body Fit 2を使用する際は必ずジェルシートを使って行いましょう。

使用方法は、電極部にジェルシートを貼り、身体に装着します。

20段階のレベル調整機能がついていますので、強さを調整しながら行います。

ちなみにBody Fit電池式の場合は調整機能が15段階でしたが、充電式の方が調整が20段階行うことができます。

効率的にシックスパッドで鍛えようと思うなら、いくつかあった方がよいです。

2個以上のセットものの場合、割引がされますので、身体の部位を同時に鍛えたいという方は、シックスパッドをいくつか用意しておくことをお勧めします。


【Arm Belt】充電式 アプリ対応

SIXPAD【Arm Belt】充電式は、腕を集中的にトレーニングすることができます。

Body Fitでも腕の筋肉を鍛えることができるのですが、さらにパワーアップされていますので、上腕二頭筋、上腕三頭筋を効率的に鍛えることができる製品です。

腕専用のシックスパッドですので、ずれにくく、はがれにくいので使いやすいのが特徴です。

充電式ですので、ボタン電池を交換する手間もいりません。

またご自宅などで約5時間充電すれば、30回使用し続けることができますの電気代もあまりかからず経済的です。

またどこでも好きな時間に鍛えることができますので、大変便利に活用することができるでしょう。

IoT化されたSIXPADですので、アプリを導入すればスマホで毎日のトレーニングをデーター化させ、記憶に残すことができます。

また目標を設定することで、腕の筋肉を鍛えるトレーニングを楽しく継続し続けることができますので、モチベーションも高まることでしょう。

使用するときは、ジェルシートを必ず用いて行いてください。

使用の仕方は、電極部にジェルシートを貼り、シックスパッドを身体に装着し、20段階のレベル調整機能がついていますので、レベルを調整します。

最初に使用するときは、弱めの設定にしてから、徐々に慣れてきたら強めにしてもよいでしょう。

シックスパッドで腕の筋肉を鍛えた後は、シックスパッドを台紙に戻します。

両腕を一度に鍛えたいという方は、ツインアームセットを購入するとよいです。

二つ購入すると割引されますので、お得に手に入れることができます。


【Leg Belt】充電式 アプリ対応

SIXPAD【Leg Belt】充電式の製品は、脚を集中的に鍛えることができます。

脚専用のシックスパッドですので、ずれにくくはがれにくいのが特徴です。

脚の筋肉はBody Fit でも鍛えることができますが、効率的に鍛えたいというのであればシックスパッドのLeg Beltの方がよいでしょう。

大腿四頭筋、内転筋、ハムストリングを効率的に鍛えることができます。

充電式の場合は、ボタン電池の交換が不要です。

約5時間充電するだけで、30回の使用ができますので、ボタン電池代がかからないというメリットがあります。

またお好きなときに、脚の筋肉を鍛えることができますので、とても便利に活用することができるでしょう。

わずか3㎜程度のソフトシリコン製ですので、脚の曲線にぴったりとフィットしますので、効率的に足の筋肉を鍛えることができます。

アプリ電動型ですので、シックスパッドとスマートフォンを連動させて使用することができます。

シックスパッドLeg Beltを使用する際は、必ずジェルシートを用いてください。

使用方法は、まず電極部にジェルシートを貼り、脚に装着させ、20段階のレベル調整機能で強さを選びます。

筋肉トレーニング後は、台紙に戻してからしまいましょう。

シックスパッドのLeg Beltは脚や太ももを効率的に筋肉トレーニングさせることができますが、効率的にトレーニングをするには、やはり一つよりも二つあった方が両脚の筋肉を一度に鍛えることができるため、おすすめです。

二つ購入すると、割引が適用になりますので、効率的に鍛えたいという方はLeg Beltは2つご用意した方がよいでしょう。


【Abs Belt】充電式 アプリ対応

SIXPAD【Abs Belt】はお腹周辺の筋肉を効率よく鍛えることができます。

腹筋を鍛えることができるAbs Fitもありますが、違いはAbs FitとBody Fitの機能が一つになったという点です。

またAbs Fitに比べると、シックスパッドAbs Beltの方がパッドの面積が広いため、腹部とウエスト周りの筋肉を同時に鍛えることができるという点です。

また、この製品はサイズ展開がされています。

Sサイズから3Lサイズまでありますので、自分のウエストに合わせてシックスパッドを選ぶことができます。

使用するときは、最初に電極部にジェルシートを貼り、お腹回りに装着させます。

20段階のレベル調整機能が付いていますので、最初は弱めの設定でスタートさせた方がよいでしょう。

トレーニング使用後は台紙に戻し、しまっておきます。

充電式の場合、5時間の充電で15回の使用を行うことができます。

他の部位専用のSIXPADに比べて使用回数が半分なのには、腹部とお腹回りの筋肉を鍛えることができるため、パッド面積が倍であるため、使用回数が半分以下になってしまうからでしょう。

充電式SIXPAD Abs Beltの場合、アプリ電動型ですので、スマートフォンやタブレットなどのアプリと電動させることによって日々のデーターを記録することができます。

毎日のトレーニングの様子が一目瞭然ですので、目標に向かって楽しく腹筋やお腹回りの筋肉を鍛えていくことができるでしょう。

Abs Beltは、鍛える面積も広いため、効率的にトレーニングをすることができます。

続けていくことにより、引き締まったお腹を手に入れることが出来るはずです。

【SIXPAD・シックスパッド】の口コミ…良いところ!

SIXPADの良い口コミは新製品の充電式タイプは、電池交換をしなくて済むので、とても助かるというものがありました。

また充電式の場合、パッドの本体に厚みがどうしても出てしまうのですが、その厚みがほぼ電池式と変わらないという口コミもあります。

充電式のシックスパッドは電池式のSIXPADを進化させたものです。

先に電池式が発売されてから、後から充電式のものが販売されました。

これまで水銀電池を入れなければ使うことができませんでしので、2か月ぐらいで電池がなくなってしまい、交換するのが手間でした。

また水銀電池の場合、どこでも購入できるわけではありません。

そのため電池がなくなるたびに、筋肉トレーニングが中止になってしまうという内容の口コミもありました。

充電式のシックスパッドは、とても重宝しているという意見が多かったです。

筋肉トレーニングを開始して1か月経つと、お腹の筋肉がつき始めたという方やウエストのぜい肉が落ちた、体重も筋肉がついた分、身体の新陳代謝が高まり、体重を落とすことができたという方もいらっしゃいます。

また1年間使用し続けた方の場合、ウエストを10センチ以上も絞ることができた上、体重も10キロ落とすことができたという口コミもありました。

長期間使用し続けるほど、効果も大きく期待することができるでしょう。

自分で運動をして筋肉をつけるのは大変な労力がいりますが、SIXPADであれば、装着するだけで簡単に筋肉トレーニングをすることができます。

誰でも簡単に、鍛えたい部分を鍛えることができるのが、このシックスパッドの良いところでしょう。

【SIXPAD・シックスパッド】の口コミ…悪いところ!

SIXPADの悪い口コミでは脂肪が多い方の場合、刺激が弱いという口コミがありました。

夫婦で使用するために、購入されたそうですが、脂肪の厚みがある奥様が使うと、刺激が弱く感じられ、脂肪があまりついていない旦那様が使うと、刺激が強すぎて痛いという口コミがありました。

こうした口コミはいくつかありました。

脂肪が集めの方は強さのレベルをやや高めに設定されると、効果的かもしれませんので、様子を見ながら行うとよいでしょう。

分厚い脂肪にシックスパッドをつけても、それが刺激となり筋肉へ変わることにより、筋肉が増えれば脂肪燃焼効果も高まっていくため、ダイエット効果も期待することができますのであきらめずに続けることが重要です。

また脂肪の厚みが少ない方の場合、シックスパッドを使用する際は、弱めの強さに調整しながらやはり様子を見ながら行うのが一番です。

充電式のシックスパッドの場合、強さのレベルが20段階になっていますので、刺激の強さをどの程度感じるかを目安に調整されるのがよいでしょう。

また悪い口コミには、ジェルパッドがコストがかかりすぎてしまうという口コミもありました。

こちらの方はやはり長期間使用し続けるとやはりジェルパッド代もその分、かかってしまうのがネックになることでしょう。

そこでランニングコストを少しでも下げるためには、公式サイトから定期便を使用すると2割引きになるサービスがありますので、こちらを利用することによって、ランニングコストを下げることが可能になります。

また一時的に、トレーニングをお休みしたいときには、お休み制度もありますので、お届けを休止することもできます。

手続きも公式サイトから直接できますので、煩わしい手間もありません。

まとめ

SIXPADは筋肉を鍛えるための製品です。

EMSという電気刺激がパットを通して筋肉に伝わることによって、鍛えたい部分の筋肉に刺激を与えることができます。

筋肉運動と同じような効果を得ることができる画期的な健康器具です。

これまでEMSという電気刺激を活用した製品がありましたが、ピリピリとした電気刺激があることが欠点でもありました。 しかし、シックスパッドはこうしたピリピリとした電気刺激を企業開発によってなくすことができた画期的な製品でもあります。

シリコン製で薄いため、身体にフィットしやすく、使いやすいのが特徴です。

身体のパーツごとに使用するパッドが違いますので、パーツに適したシックスパッドを使用し、筋肉トレーニングをするようにしましょう。

また、SIXPADを使用するときは、必ずジェルシートを用いる必要があります。

充電式のシックスパッドは、スマホアプリとデーターを共有することができます。

目標を決めながら、毎日のトレーニングの様子を可視化することが可能になるため、日々のトレーニングの様子や成果などを自分の目で確かめることができ、トレーニングに対するモチベーションも上げることができるでしょう。

またシックスパッドは一つだけでなく、いくつか組み合わせて使用することができます。

その場合は、公式サイトから、割引制度を利用して申し込むと、お得に購入することができるでしょう。

またジェルシートのコストを下げるためには、定期便コースを申し込むと、割引制度が適用されるため、安く購入することができます。

一時的にトレーニングを休止する場合もお休み制度がありますので、こうした制度を利用されるとよいかと思います。


あと、購入時の注意点ですが、コピー商品が出回っています。

悪徳業者は精巧に出来た模倣品を本物のSIXPADと偽って販売しています。

 


 

ご覧のように、外観で判断するのは困難なほど偽物は精巧にできています。

人体に危険を及ぼす可能性がありますので、購入の際は、必ず公式サイトでご検討ください。


公式サイト

【SIXPAD・シックスパッド】


■LINK■